運輸安全マネジメント  
   
  輸送の安全に関する基本的な方針
   

アスカ運輸は、輸送の安全性向上を最重要課題とし、運輸関連法令を遵守した上で、安全マネジメントシステムを構築・運用し、全社員で事故削減に努めて行きます。

 

方 策
1 当社の最重要課題は、「輸送の安全」であることを認識します。
2 「輸送の安全」を達成するために、「輸送安全目標」を設定します。
3 「輸送安全目標」を達成するために必要な「輸送安全計画」を作成します。
4 「輸送の安全性向上のための基本方針」を実現させるための「輸送安全目標」や「輸送安全計画」を運用する「しくみ」※1

   「安全マネジメントシステム」(P-D-C-A)として、構築し運用します。
5 「安全マネジメントシステム」は、全社員が一丸となり運用し、安全性の向上を目指します。
6 「安全マネジメントシステム」の運用結果は、毎年、向上できるよう努力します。
7 当社は、運輸関連法令の遵守を確実にします。
8 「安全マネジメントシステム」の運用結果※2、改訂内容を掲示し公開します。

  ※ 1:「しくみ」として、「人材育成」「設備の提供」「費用の効果的な投資」を含む
※ 2:運用結果には、当方針、目標及びその達成度、事故に関する統計を含む
 

 

 
平成28年度事故状況
事故内容  目標   実績   達成状況 
自動車が転覆し、転落し、火災(積載物の火災を含む)を起し、または踏み切りにおいて鉄道車両と衝突若しくは接触したもの 0件 0件 達成
死傷者又は重傷者(自動車損害賠償法施行令第五条第二号又は第三号に掲げる傷害をうけたものをいう)を生じたもの 0件 0件 達成
自動車の積載されたもの(消防法その他法律に規定する危険物、火薬類、高圧ガス、核燃料物質及びそれによって汚染された物、毒物又は劇物、他道路運送車両の保安基準に規定する品名の可燃物)の全部若しくは一部が飛散し、又は漏えいしたもの 0件 0件 達成
運転者の疾病により、事業用自動車の運転を継続することができなくなったもの 0件 0件 達成
かじ取り装置、制御装置、車枠、車軸、車輪(タイヤを除く)
又はシャーシばねの破損又は脱落により自動車が運行できなくなったもの
0件 0件 達成
前各号に掲げるもののほか、自動車事故の発生の防止を図るために国土交通大臣が特に必要と認めて報告を指示したもの
(自動車事故報告規則に規定する事故)
0件 0件 達成
 

2017年4月 

株式会社アスカ運輸  代表取締役  藤田 智典

 

 

 


運輸安全マネジメント