株式会社アネスト

Entrance

取り組み

 

■SDGsへの取り組み【持続可能な開発目標】

SDGs(Sustainable Development Goals)「持続可能な開発目標」は、2015年9月に国連会議で採択された、2016年から2030年の15年間で達成すべき「持続可能な開発目標」です。国連に加盟している全193カ国が参加しているこの取り組みは、17の目標と169のターゲットで構成されています。 当社では、地球上のほぼすべての国が採択した国際目標に対し、2030年以降も“持続可能な社会"を実現させ続けるため、積極的な取り組みを行っています。

SDGs



働き方改革




働きがいのある職場の実現

安全労働の推進

5S活動を徹底し、無駄な作業を無くし、コスト削減に取り組んでいます。従業員が安全に作業に集中できる環境を整えることで毎年、労働災害ゼロの実現をめざしております。また、業務に必要な資格取得を積極的に支援しています。


ワークライフバランス推進

社員一人ひとりがやりがいや充実感を得ながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、 家族と仕事の両立が可能な働きやすい環境整備や、所定外労働時間の削減・有給取得などに取り組んでいます


Web会議の導入

新型コロナウイルスの影響もあり、Web会議の導入を促進しました。資料のPDF化に伴うペーパーレス化が進むと同時に、定例会議の一部をリモート会議にしたことで、出張回数も削減することができました。今後も、Web会議を推進することで、社内外の省エネ化と業務効率化をはかります。

 



環境への取り組み




電動フォークリフトの導入

全て電動フォークリフトを使用し、排ガス・騒音の低減に努めています。


照明器具のLED化

環境への配慮、省エネルギーの取り組みとして、LED照明を採用し、電気使用量の削減とCO2削減による地球温暖化防止に貢献しています。


ペーパレス化の推進

資料のデータ化・PDF化を促進し、ペーパレス化と託送量の軽減に取り組んでいます。多用途の複合機を設置することで、資料のPDF化とコピー用紙の使用枚数削減を推進しています。


クールビズの取り組み

温暖化対策の一環として、期間を設定し、クールビズに取り組んでいます。



ダイバーシティへの取り組み




従業員教育の取り組み

製品事故防止の為、作業要領、事故事例と安全対策をマニュアル化しています。
作業精度を高める為、バーコード検品を実施しています。
定期的に業務ミーティングを開催しています。
各部門毎に教育カリキュラムに従い、研修を行なっています。


安全と低コストへの取り組み

5S活動に取り組み、日々業務改善を行なっています。
品質を向上する為に小集団活動を定期的に行い、現場力を高める取り組みを行なっています。
仕事の見える化に取り組み、スキル向上や業務の改善提案の努力を全社的に行なっています。
フォークリフトの実技講習・講座“事故0”を目標に努力しています。
フォークリフト等の車両整備状況や法令点検等遵守(無事故が低コストに繋がる)



地域・コミュニティの発展への取り組み




環境への配慮と取り組み

定期的に工場周辺のゴミや空き缶拾いを実施しています。
CО2を出さない為、全車両バッテリー式フォークリフトを使用しています。
リユース活動を実施しています。



すべての人に健康を




健康管理の実施

定期健康診断の実施、非接触体温計、血圧計、血中酸素濃度計の設置により、感染症対策と健康で安心して働ける環境を整えています。


国連広報センター